ETCカード2枚目発行なら楽天カード2枚持ちで年会費も無料に

楽天ETCカードの2枚持ち

楽天カードは原則1枚につきETCカードは1枚しか発行できません。

しかし規約が変わって楽天カード自体を2枚持ちできるようになったので、2枚の楽天カードにそれぞれ1枚のETCカード発行をすれば、一人で2枚目の楽天ETCカードを持つことができます。

さらに楽天会員ランクがダイヤモンドランクなら、2枚ともETCカード年会費が無料になることも可能です。

\カード追加で特典1,000ポイント/

2枚目の楽天カード申込み

  

もしあなたがまだ1枚も楽天カードを持っていない場合は、まず下記リンクから新規に楽天カードを申し込んでください。

\新規入会&利用でもれなく5,000ポイント

1枚目の楽天カード申し込み

 

楽天カード2枚持ちならETCカードも2枚持ちできる

楽天カードに紐付いて申し込みできるETCカードは、楽天カード1枚に付き1枚しか発行できません。

このことから普通に考えると、楽天ETCカードは一人1枚しか持てないと考えてしまいますよね。

しかし実際は一人で2枚の楽天ETCカードを持つことができます。

実際に私も楽天ETCカードを2枚持ちしているんですが、そのからくりについて説明していきますね。

 

原則はETCカードは複数枚持てない

繰り返しになりますが、楽天のETCカードは楽天カード1枚につき、付帯できるのは1枚だけです。

つまり2枚以上(複数枚)を発行することはできません。

 

楽天ETCカードは1人1枚

 

楽天ビジネスカードならETCカードは複数枚持てるが

楽天Q&Aにあるように、楽天ビジネスカードなら複数のETCカードを申し込むことができます。

会社が持っているたくさんの社用車にそれぞれETCカードを配っておくイメージですね。

ただし、楽天ビジネスカードは年会費が2,200円かかるし、そもそも法人代表者か個人事業主の人しか申し込むことができません。

 

楽天カード2枚持ちでETCカードも2枚持ちできる

私が楽天カードを初めて申し込んだ10年前は一人1枚しか楽天カードを発行できませんでした。

しかし現在は、一人で楽天カードを2枚持ちすることができるようになりました。

この制度を活用して2枚の楽天カードを作り、それぞれに紐付けて各1枚のETCカードを申し込むことで、結果として自分名義で合計2枚の楽天ETCカードを持つことができるんです。

 

楽天ETCカード2枚持ちの流れ

2枚持ちの仕組みがわかったところで、実際に楽天ETCカード2枚持ち達成のための流れを解説します。

楽天ETCカード2枚持ちの流れ

  1. 楽天カード1枚目を新規に申し込む
  2. その申し込みの際に同時にETCカード付帯を申し込む
  3. 1枚目の楽天カードを登録した楽天e-NAVIを開設
  4. 楽天e-NAVIから2枚目の楽天カードを追加して申し込む
  5. その申し込みの際に同時にETCカード付帯を申し込む

※ETCカード申し込みは、楽天カード申し込みと同時である必要なく、いつでも楽天e-NAVIから追加することができます

楽天ETCカード2枚持ちを目指すなら、まずは1枚目の楽天カードを新規で申し込みしましょう

2年目以降もずっと年会費無料で、新規入会&利用でもれなく5,000ポイントがもらえます

楽天カード公式サイトへETC >楽天カード1枚目を申し込む

 

すでに楽天カードを持っている人はこちら

>楽天ETCカードを追加する

>2枚目の楽天カードを申し込む

 

ETCカード2枚持ちのメリット

そもそもETCカードを楽天カードで2枚持ちすると、どんなメリットがあるんでしょうか?

私が考える2枚目ETCを持つ利点をあげていきますね。

  • 家族で2台の車を持っているときに便利
  • 社用車の高速代建て替えに便利
  • 通行料ポイントが効率的に貯まる
  • ETC支払口座を分けられる

それぞれ説明していきます。

2台の車にETCカードは2枚

 

家族で2台の車を持っているときに便利

マイカーを2台持たれているご家庭も多いでしょう。

もし1枚のETCしか持っていないなら、利用のたびにカードを車載器から抜き差ししなければなりません。

その点で2枚の楽天ETCカードを発行できれば、ETCカードを挿しっぱなしにできるので、2台同時にお出かけするときでも便利です。

楽天家族カードを持っているパートナーさんもいるかもしれませんが、残念ながら家族カードには付帯してETCカードを発行することができないのです。

 

社用車の高速代建て替えに便利

  • 会社で社用車を運転しなければいけないけど、会社からETCカードを支給されていない
  • 急に社用車で出かけなければいけなくなったけど、総務部からETCカードを貸し出してもらう時間がない

なんて場面があるかもしれませんね。

そんなときにマイカー用とは別に、会社経費用に自分で2枚目のETCカードを持っておくというのも一つの考えです。

引き落とし口座を分けておけば、会社経費用とプライベート用すっきり分けることができるので、経理部に立替金を請求するときも便利です。

 

通行料ポイントが効率的に貯まる

楽天カードでなく、別のクレジットカードでETCカードを作れば、2枚持ちも簡単かもしれません。

しかし、クレジットカードで効率的にポイントを貯めて家計の足しにしたいと考えた場合、ポイントカードはできるだけ1種類に集中しておきたいですよね。

楽天カードのこの裏技なら、2枚のETCカード利用分でも同じ楽天ポイントがゲットできるので、効率的にポイントを貯めていくことができるんです。

パンダ先生
ETC通行料の100円分で1ポイントがゲットできます

 

ETC支払口座を分けられる

楽天カードの2枚持ちでは、カード利用料金の引き落とし口座を別の金融機関に設定することができます。

(2枚とも同じ振替口座に設定することも可能です)

ETC利用料金も天カードに紐付いているので、それぞれの楽天カード振替口座に請求される仕組みになっています。

 

別の振替口座に設定した場合、上記の例のように社用車の通行料を建替え請求するときにもわかりやすくなります。

 

またマイカー1台の車であっても、振替口座を分けておけば

  • 買い物や帰省するときには家計用のETCカード
  • ゴルフや釣りに行くときには、お父さんの個人用のETCカード

という2種類のETCカードを差し替えることで、通行料金の使い分けができるんです。

 

 

年会費はそれぞれ必要

楽天ETCカードの年会費は、2枚あればそれぞれ550円づつかかってきます。

「同じ楽天カードなので2枚目は無料にしてくれてもいいのに」と私も一瞬思いましたが、請求は2枚の各カードブランドごとに行われます。

つまりVISA分とmastercard分では当然に年会費がいるのもしょうがありませんね

 

年会費免除は2枚とも無料になる?

しかし、楽天ETCカードの年会費は、条件をクリアすると翌年分が無料(0円)になります。

無料になる条件は、

  • 楽天ゴールドカード会員か楽天プレミアムカード会員
  • 楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員プラチナ会員

の場合です。

つまり、ETCカード年会費が有料になるかどうかの判断は、カードブランドごとではなく楽天PointClubの会員ランクなので名義人の状態で判断されることになっています。

もし会員ランクがダイヤモンドなら、急激に会員ランクが下がらない限り、2枚ともETCカード年会費が無料になる可能性が高いです。

ただし、2枚の楽天ETCカードの更新月が離れている場合(例えば3月と9月など)、その更新のタイミングで会員ランクがゴールドとかに落ちてしまっていたら、年会費が550円かかってしまうこともあるので注意が必要です。

ちなみに私は5年以上、ETCカードを2枚持ちしていますが、ずっとダイヤモンド会員をキープしているので、一度もETCカード年会費を払ったことがありません。

ETCカード年会費割引で無料

ETCカードを使うことが多い方は、楽天PointClub会員の上位ランクも意外とすぐにキープできると思いますよ

楽天ダイヤモンド会員

 

楽天ETCカードの利用明細はどんな感じ

楽天ETCカードを利用した場合は、楽天e-NAVIの明細表示画面で、利用内容を確認することができます。

下は私の楽天e-NAVIの明細ですが、このようにETC利用分は利用店名が「ETCカード売り上げ」となって、利用者が「ETC」となるので、ひと目で分かるので便利です。

楽天ETCカードの利用明細

ちなみに、2枚のETCカードを持っている場合でも、利用明細はカードブランドごとになるので総合的に表示されません。

「あれ?今月ETC使ったはずなのに、明細がない?」と慌ててしまう前に、プルダウンからカードブランドを選んで、それぞれの明細をしっかりと確認してくださいね。

利用明細には路線や入口名も表示される

上の画像は支払い済みの利用明細ですが、確定前の支払予定の明細では、ETCカードを使った路線や入口情報なども楽天e-NAVIで見ることができます。

楽天ETCカードの利用明細

ちなみに支払い済みの明細でも楽天e-NAVI上ではなく印刷用の明細書では、路線名や入口名を確認することができます。

なので利用明細書を見返せば、あとからこの日はどこでETCカードを使ったのかということも確認することができます。

 

楽天ETCカード2枚目は楽天カード2枚持ちで解決

以上、ETCカード2枚目発行なら楽天カード2枚持ちで年会費も無料に…という話題でした。

 

まとめてみると

  • 楽天ETCカード2枚目を持ちたいなら、まず楽天カードを2枚持ちする
  • ETC2枚持ちなら請求を分けられて便利
  • ETCカードを楽天カードで統一すると効率的にポイントが貯まる
  • 会員ランクで年会費無料を狙うなら、更新月に注意

ということがわかりましたね。

 >まずは1枚目の楽天カードを申し込む

楽天カード公式サイトへETC2

 

 

ETCカードも楽天で統一することで効率的に楽天ポイントを稼げることがわかりました。

また家族カードも活用することで、さらに楽天経済圏で成功することが狙えます。

あまり知られていませんが、楽天カードをすでに持っている方も、パートナーに紐付いた家族カードを持つことができます。

入会ポイント特典も狙える話題については、別記事で書いていますので合わせてご覧ください。

【関連記事】 すでに楽天本カード持っていても家族カードを2枚持ちできる?

年会費無料カードランキング

楽天カード

rk1

ポイント貯まりやすさNO.1

新規入会&利用で5,000ポイント

年会費永年(ずっと)無料

パンダ、ディズニー等デザイン豊富

原則1%ポイント還元(最大16倍)

dカード

sd

ドコモユーザー以外でもdポイントが貯まる

年会費永年無料

新規入会&各種設定で最大4,000ポイント

P-one Standardカード

ピーワンカードバナーrk

ポイント管理の手間なし

クレジット利用請求時点で自動的に1%割引!

年会費永年無料

入会特典はないけれど、ポイント期限切れからも開放される楽ちんカード

© 2022 得するクレジットカード生活